お知らせ

物流業界の未来

少子高齢化、人口減少により、日本では労働力の確保が困難になってきている。

 

物流業界では特に、トラックドライバーを目指す若い人が増加しており多くの事業者で高齢化が進んでいる。

 

現状は、今いる人材でやりくりできていても、近い将来、多くのドライバーが退職していき物流業界の労働力はだんだん減少していくが、労働力の確保については、対策をとる必要がある。

 

日本のほとんどの業界で労働力が不足しているため、労働力の確保は簡単なことではない。

 

一方で、自動運転やロボットなどの開発が進んでいるが、実用化されるまでにどれほどの時間がかかるのかもはっきりとしていない。

 

自動運転やロボットの開発が進む前に人間の労働力がいなくなってしまっては、物流業界の未来はない。

 

そのため、「トラックの運転手として働きたい!!」という女性や外国人の採用を進めていく必要があると考えているため、積極的に採用活動をおこなっていきたい。